若いからなんでもできるなんて

こんばんは。ヒロシです。

 

あけましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

さぁ始まりました2019年。

 

初日の出は見れなかったなぁ。

 

全然脈絡ないですが、

 

わたしも若者だった頃、よく

 

「若いっていいよね。若いからなんでもできるよね。」

 

と、言われまくって過ごしてきたのですが。

 

はて?何がいいの?若いことの。全然いいことないよ。

と思ってたのですが。

アラフォーになって、若者の良さに気づくようになったんですね。

 

若者の何がいいって?

まだいろいろ知らないところがいいんだろうなと思ったわけです。

 

年を重ねるということは、いろいろと経験してしまうということで。

 

体験することで、知恵も知識も、いろいろ身についちゃうわけです。

 

そしてさらに年を重ねる中で、いろんな話も耳にします。

 

すると、今のわたしもそうなんですが、

「やってみたいけど、多分こうなるんだろうな」ってだいたい予想がつくの。

 

んで、「そうなるね。だからやめとくか。面倒クサイ割合の方が多そうだ。」

 

と、手を出すことすらしないで、

わかったような口ぶりで、「じゃやめとこ」と。舞台に上がらないんですね。

でも若いうちは、どうなるかわからない(経験がない)から手を出してた。

残念ながら、今では想像がつく。

このくらいやって、このくらい収入があるんだろうなとか。

それじゃあ嫌だなぁって。なんもしないの。

 

でも実際は、やってみなきゃわからないのよ。

そこをやっちゃう人は若い!若者に多い!

 

わたしも口でごちゃごちゃ言うんじゃなくて、さっさとやればいいのに。

 

あ、でも今はやりたいことがないので何も浮かばないんですが。

 

行動力がなくなったなぁ。やりたいことがないなぁ。

やりたいことがあっても、

いろいろ考えてしまって「やりたくない」に分類する場合もある。

よくないよね、そういうの。

「若いからなんでもできるじゃん!」とか、若者に言いたくないよ。

まだわたしも若者なんじゃ!

失敗するってわかりながら失敗したほうがいいんじゃ!

とりあえず小さなやりたいことで自分を満足させていこう。

まず、ポテトチップス食べたいっ。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました