2020年終わるね。

日々思うこと

こんばんは。ヒロシです。

 

 

12/22に城崎まで移動してきて、翌日から昨日まで働いておりました。

 

今日、お休み。なのに夕方から雪予報。。数年に一度の大寒波らしい。。

ノーマルタイヤなので、明日からはどこにも出かけません。。恐ろしい。。

今日は午前中だけ車で移動してましたが、晴れ間が広がり気持ちいい天気でした。

当分出かけられないと思うと出かけたくなるんだろうけど、諦めて諦めて時間を過ごすつもり。

 

さて、2020年4月からずっと働いてなかったので、約8ヶ月半ぶりの労働、身体が慣れるのに時間がかかるなぁ。こんな風に疲労が溜まってたなぁと思い出す。

そして食事。昨年もだけど、今年も揚げ物が多い!仕方ない!ありがたいよね、食事が提供されるってことは。しかし揚げ物に疲れるんだよなぁと思い出す。

玄米食だけ続けている。梅干しも自分で作ったものを持参した。食で、腸を整えておけば、疲れも取れやすくなると信じてる。

もう2020年も終わろうとしてるんだね。早いよね。まったく年末感は感じないんだけど、いや、スーパーに行こうとしたら車の渋滞にはまったりして年末だなぁと感じてるな。早く年末がすぎて、雪の日々もすぎて、あったかい春になってほしい。いつものヒロシなら「冬の厳しい寒さを楽しむのさ」とか言うんだろうけど、今年は違う。成長したのだ、いや退化したのか、冬なんて真っ平ごめん。頼む、早よう春よ来い。。

というほど、寒いところにいるわけではない。部屋の中は、鹿児島の我が家より暖かい。この時期に部屋で半袖トランクス姿で動いてるわけだから異常だ。寒さの厳しい地域は断熱がカンペキなのだ。鹿児島にいてはこんな真似できない。暖かい部屋ありがとう。半袖トランクスで、つい「うたたね」してしまうくらい環境サイコーです。

2020年を振り返ろうかと思ったけど、いろいろありすぎて、いろいろ語りたいことがありすぎて、語れない。もう語ることを諦めて、何もなかったかのようにしてしまいそうだ。今は話すことができなかったとしても、いつか話せたりするかもしれない。新型コロナとかいうのに振り回されたのか、振り回されなかったのか、よくわからないけど、マスクは花粉症で頻繁に利用してたし。もともと働かずにDIYしようと思ってたからあまり外出せず、自粛という名のDIYで家づくりを勧められたのでよかった。

家が快適になるにはお金がかかるし、安全な家はお金をかけて作るんだなと思ったし、日本の四季を通じて家での過ごし方も考えさせられたり、古民家を購入して住むということで学ぶこと、体得することありましたね。

家と外の境界にあたる外壁が、厚いと断熱効果や防音効果もあるけど、外の音や天候、湿度、風の強さなど感じなくなる。朝、目覚めて、今日の空気を、ガラス窓の外の空気を読む。断熱も大事だけど、それも大事。自分の感覚を研ぎ澄ますのは、昔ながらの家のままがいいかもなぁと思ったり。

家を持ったけど、いつでも柔軟でありたいと考えている。手放すこともありうるし、何十年も住むこともありうる。なんとなく、モノを抱えてしまうと身軽ではいられなくなるから、できるだけモノを持たずに減らしながら生きられたらなとは今でも思うけど。

あーしかし、器が減らせない。。いつか、減らそうと向き合わなければならない時がくる。そのときをまだ想像できない。。想像してみよう、どれを減らすんだろう。減らせないぞ、、すべての器に思いがある。着物もだ。減らせない。まったく想像できない。。着物を販売するというお仕事は、モノを持たせる仕事。喜びや願い、吉事、祝い、それを形として表現するものの中に「着物」というモノがある。

モノを減らしたいのに、モノを持たざるを得ない。そこに重要な要素があるんだと考えている。この地と自分を繋ぎ止めているのはそういうもののおかげだったりする。何処へでも行きたいようで、実は行けないんだ。まぁでもそれでいいと思ってる。

楽しいことを考えていこう。とくに心配せずに。2021年、なんだか未来にきたなぁ。未来が近くて困る。もっと遠くまで、想像を超えたところで、超えなくてもいいか、想像のできる楽しいところでもいいから、来年も楽しくやっていきます。

よろしくお願いします。 。。何も言いたいことがなかった。。

みなさん、よいお年を。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました