tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

妄想のおはなし。

投稿日:2018年9月1日 更新日:

9月になりました。まりこです。
あと2日、あと1日。
ただ、ひたすら次のお休みだけを考えて働いております。
8月は繁忙期のおかげで残業60時間以上。
計算したところtawaraya時代の3倍のお給料をいただけそうです。
すごい!

最近二人で話すのは
利益を考えずにやりたいことをできたら楽しいなぁ。ということ。
例えば、1年分の生活費を三ヶ月ぐらい集中して稼いで
やりたいお店をする。

お客さんが来るとか来ないとか
利益が出るとかでないとかは全く考えないで、
こんな店があったらいいなぁと思う店をする。
私たちが居心地のいい店。

それは商売じゃなくて趣味の店と言われるようなお店かもしれない。
以前は稼げるお店をすることが正しい。
と思っていたし
稼げないお店を営業することは時間の無駄だし、
そのお店を続ける意味がわからなかった。

初期のtawarayaが一番いいお店だったなぁ。
ただ好きなものだけを揃えて、
好きな空間を作って。
何もわからず始めた頃。

でも続けていこうにも、自転車操業で始めたお店は
売らないことには借金になる。
そして生活費も稼がないと生きていけない。
やったら面白いなと思うアイディアも利益がでなさそうだからやらなかったり、
これをおいたらお客さんが喜ぶだろうなと思うような設備もしつらえも
コストがかかりすぎるから諦めた。

要望の多い商品を置き、
商品が少ないと思われないように量も多めにおいて、
需要のありそうな仕事を拾って増やして。
宣伝だ!と思って苦手なメディアにもでた。
10年目になって自転車操業からも脱出して、ちょっと貯金もできるようになった。

でも、自分の思いのない仕事に囲まれて、
やりたいこともなくなってしまった。

tawaraya休業に入った3月ぐらいは
やりたいことも全くなくなってしまっていたけれど、
最近ではこんなお店があったらいいなぁ、
こんなことできたらいいなぁ。
とやっと妄想が浮かぶようになった。

こんな考えになれたのは
この流れを全て経験したからだし
この10年間は自分なりにやりきって楽しかった。

次の10年は何をしましょう。
またどこかで面白いことできたらいいなぁ
と二人で話してます。





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

わたしが着たい着物割烹着

本日よりオンラインショップにて 「私が着たいキモノ割烹着」販売いたします。 初回の割烹着よりも袖口広げたり、襟ぐりを下げたり 改善して着心地にもこだわりました。 野暮ったくなりがちなリボンは細く長め。 …

あきない飽きない商い

続いていることが賞賛や信頼に繋がる。   続くことに意味もあるんだろうけど、   続けようと思って今の仕事に取り組むのか、   取り組んでいたらいつの間にか永く続いていた …

着物屋とは呼べない着物屋。

  先々週の鹿児島での活動の売上や経費など事務作業をしている横で、 まりこは明日の自分の作業の予習をしている。 それを見ながらなんか焦る。。 明日の自分の仕事内容なんだっけ? あぁ、明日も無 …

三勝の浴衣展

6月22日まで三勝のゆかた展開催中です。 錦鯉のような浴衣や藍地の浴衣、色々届いております。 大事に永く10年は着ていただきたい浴衣です。

これから先に蒔く

  今の自分たちがなんとか生きていけているのは 過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。   じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、 過去の自分たちに感謝しなが …




最近のコメント

アーカイブ