tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

やりがい感謝

投稿日:

f:id:ayarawat:20170920174501j:image

先日、お客さま宅へ寄ったときのこと。

 

「この間、あの帯を結んで出かけたのよ〜」と

嬉しそうに写真を見せてくれた。

 

写っていたのは、単衣の着物に

お買い上げ頂いた帯を合わせた着こなしでとてもステキだった。

 

こんなシーンに出会えることが嬉しい。

誰かの幸せを受け渡し、橋になれた気分。

ほんと生きててよかった〜って思える。

 

その写真は、どなたかに撮ってもらったものを

タブレットに送ってもらって、それを保存してた。

 

年輩の方でもスマホタブレット端末を使いこなすんだなぁと思いながら、

「その写真、僕にもくださいよ〜」と、私のスマホに転送してもらった。

 

早速それをセブンイレブンの端末で印刷できるアプリでL判の写真に印刷。

www.printing.ne.jp

 

一緒にレジで82円切手を買い、車の中にあった封筒とメモ帳と筆ペンを使って

かんたんに手紙を書いて、その写真を同封して、その帯の作り手さんに送った。

 

作り手さんはアナログでガラケー

 

帯を作った人と、

身につけて喜んでいる人を繋ぐ橋みたいなものに

なれるこのアナログ作業もまた嬉しい。

 

私はその写真の裏に細工をする。

あたかもお客さまが書いたかのように

「日付、場所、単衣の〇〇に合わせて」と。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サタケのおやじが来られるそうで。

    先週の決算閉店セールから今日まで。   予定が詰まりすぎて大変。   ありがたいことにいろんな注文いただいたり、   またレトロフトを退去する …

no image

着物で運転する。

そうそう、先日の京都出張できくちいまさんをお見かけしたのでした! 打ち合わせのようだったのでお声かけは控えたのですが パッと目をひく涼しげな着物姿でした。 今年に入ってから男性の着物を求めてくださる方 …

tawarayaのこれからのお知らせ

つめたい気温がやわらぎ、   生ぬるい空にこころまで浮き立ちはじめ。   気のせいかかるくなったわたしたちも、ようやく次へ。   約四年、拠点としていた名山町の「レトロフ …

no image

情けないほど知識と経験が無くて、しがみつきたいほどモチベーションも無い。

  知識と経験が足りない。   知識と経験が無いと仕事にならない。   知識や経験は、そのほとんどを失敗した時に積む。   しかし私の場合、好きではなく、興味が …

あえて不便を生活に取り入れる。

  前回、抱えてたものを手放すことを書いた。   手放した後に、手放して空いたスペースに何か入れたくなった時、   不便なものを入れてみることを提案する。   …




最近のコメント

アーカイブ