tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

ポエム

12月のポエム

投稿日:2017年12月4日 更新日:

f:id:ayarawat:20171204212216p:plain

f:id:ayarawat:20171204212221p:plain

今週末は美山にて、来週は名山にて企画展を開催します。

—————————————————————-

<企画展>

もめん、久留米絣と、

大分に眠る染物と、我が家に眠る反物。

美山

2017/12/9,10

〒899-2431 鹿児島県日置市東市来町美山1687-1

open 11:00~16:00 close

名山

2017/12/12,13

〒892-0821 鹿児島県鹿児島市名山町2-1 レトロフト1F

open 11:00~18:00 close

—————————————————————-

ひさびさの営業です。

 

お客様に来ていただけるか心配。いつものことです。

 

昨年まで「ちんがら市」と言って在庫セール企画をしていたのですが、

 

今回は大分で営業していた呉服屋さんが店じまいということで、

 

私たちの好きな「小松屋」の商品が眠っているという情報を聞きつけ、

 

取り寄せることに成功したというような、そんなことがありまして。

 

そして、明日には久留米へ朝早うに出て反物を漁ってこようと思います。

 

大分の染物は良いのがあるのか、まだわかりません。

 

いつでもあるものには、興味がいかないじゃないですか。

 

本当はいつでも手に入るなんて、とても豊かなことなんでしょうが。

 

いつでも手に入ると思っていたものが、

 

ふっと無くなってしまうことが多い着物業界です。

 

常時営業ができなくなったように。

 

いつのまにか消えてなくならないよう、

 

小さい炎で燃え続けるつもりです。

 





-ポエム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「世の中からお金をなくす」を読んで

    こんにちは。ヒロシです。   台風、強かった。。。窓、割れるかと思った。。   周囲もわたしたちも特に何事もなく無事でした〜。   &nbsp …

関わる人たちの幸せに

千年経てば みんな死ぬ 怒り 悲しみ みんな死ぬ 〜どこまで〜 中村佳穂   やりたいことやる   そのためのやらなきゃならないことが山積みだけど   一個ずつ済ませて …

朝、

朝、目が覚めて、ワクワクしながら 「今日は何が起こるんだろう」とか 「よし、今日は頑張るぞー!」 なんて思えるはずがない。 もしも仮に 万が一にもそう思って 毎朝をスタートできる人がいるのなら、 羨ま …

自営業で生きて10年

この部屋ではない、隣か、どこかわからないが、   かすかな音が規則的に続いて止まないもので、   慌ててケータイを探すが、そもそもポケットに入っている。   窓の開いた網 …

手紙を書く

    手紙を書き、切手を貼り、ポストへ投函して、   返事をまつ。   来るかこないかも分からず過ごし、   読まれたか、読まれてないかも分からない …




最近のコメント

アーカイブ