tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

国際交流と着物。

投稿日:2018年1月15日 更新日:

 

着物を扱うだけで。国際交流できる。

 

成人式の4日後には鹿児島国際大学へ出張で着付けへ行ってきました。

 

最近着付けばかりしています。

 

着物を買う、というより着る需要の方が多いんですね。

 

いや、私たちがそっちへ向かっているということですね。

 

f:id:ayarawat:20180111093531j:plain

 

鹿児島国際大学へ留学で来日している中国や韓国の子たちが、

 

中国語で落語をしたり、韓国の男の子はまだ日本に来て一年経ってないのに

 

日本語を駆使して漫才をしたり。

 

まぁ驚きました。自然と笑いが出る面白さ。

 

これは本当にすごいこと。

 

日本語しか使えない私は、羨ましくもあり、中国語に聞き惚れて

 

また台湾とか上海とか香港とか行きたいと思いを強くしまして。

 

まだよく隣の国のこともわかっていない。勉強大事です。

 

舞台の隣には写真に写っているようにスクリーンがあって、

 

そこに字幕が出るようにうまく作られていて。

 

二十歳そこそこの海外の若者の頑張りを見せられて

 

また親の気持ちのような、というか若者よ、なんと可愛いことか。

 

f:id:ayarawat:20180111093506j:plain

 

頑張る若者、素晴らしく応援したくなりますね。

 

私たちも美山でお店始めたときは、みなさんに応援されまくったなぁと。

 

今は逆の立場になってきたなぁと年を重ねたことも感じて。

 

はじめは大学の先生からのご依頼で

 

「落語の会を学生がするので、着物レンタルしたい。」

 

とのことでしたが、先生はいつか着物を作りたいとおっしゃってくださったので、

 

普段着物のご提案をしながら、久留米絣の無地をお勧めして。

 

そして学生4人に着せるなら出張しますよ大学まで。

 

と話が進み、着物や草履など諸々を抱えてまりこの母校へ出向くことに。

 

ただの着物屋が、こんな企画にまで参加させてもらえることが嬉しいと。

 

着物屋、いい仕事だね。ってまた思いました。

 

着物を仕入れて、売って、それの繰り返しだけでなく、

 

着物を通して、いろんな関わり方ができる自分たちで在る。

 

今年は、海外着物写真を撮りに旅に出る。はず。

 

まずは、アジア。

 

全く喋れない、役に立たない環境で、苦しめ自分。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

tawarayaから竹取食堂休庵へ

  六畳の普通の和室と隣接して作ったウッドデッキを使って   なんと7年以上お店を続けてきました。   そんな美山の空間を、今度は私の弟が使って商売を始めることに。 &n …

文章力をつけるために

〇〇だより、を定期的に出そうと決めました。 自分の文章力の無さに嫌になりますが、 習字のように書いてれば見れたものになるんじゃないかと苦手なものにチャレンジです。 若い頃は、女の子と喋れなくて彼女が出 …

no image

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。   自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。   淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。   肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれから …

台湾撮影クルー

台湾の撮影クルーがレトロフトへ。 こんな綺麗なモデルさんに浴衣を着させていただきました。 韓国留学中に知り合った台湾の女の子は ファッションも感覚も近かく気が合う子が多かったのを覚えています。 台湾行 …

割烹着のネット販売について

割烹着へのお問い合わせを多数頂いております。 ありがとうございます。 申し訳ございませんが、店頭分はご予約が埋まってしまったため、 今回入荷分はネット販売が出来ません。 仕立てに出したものが届き次第ネ …




最近のコメント

アーカイブ