tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

成人式を見に行く。いや、1週間前に見に行った。

投稿日:2018年1月14日 更新日:

 

成人式も、もう先週のことですか。。。早い。

 

もっと正月したかった。正月らしいことしたかった。

 

TVの前でマラソンに夢中になりたかった。

 

また一年後か。。

 

鹿児島市民文化ホールへ行って、成人式へ参加する新成人たちを見てきました。

 

もちろん振袖を見に。

 

f:id:ayarawat:20180111093635j:plain

 

あまり振袖を扱わない私たちですが、

 

今回はお買い上げいただいたお客様や

 

着付けをお手伝いさせていただいたお客様など。

 

 

御縁があり嬉しいことです。

 

あと、来年の振袖のご注文をいただいているお客様と

 

これから振袖を作っていく中で、どんな風がいいかなぁというのを

 

世間一般の振袖を見て勉強しようというこのプラス思考な姿勢を褒めて欲しい。

 

f:id:ayarawat:20180111093620j:plain

 

男子は全く目に入らず、女子の着姿ばかり目に入れて。

 

やっぱりあの白いファー?というものが私は苦手だなと再確認したり。

 

あの娘の振袖は昔のめちゃ良いやつだっ!

 

とか言いながら興奮して見ていました。

 

親、ご先祖様の思いってすごいですね。

 

子供なしの私たちが、かるく疑似体験しました、親の気持ち。

 

f:id:ayarawat:20180111093716j:plain

 

レトロフトにて。

 

f:id:ayarawat:20180111093657j:plain

 

お祝い、おめでたい時、ハレの日、

 

そんな時の着物は誰が見ても良いものだというでしょう。

 

関われる仕事であり、着物屋で良かったなと感じます。

 

何か、日々の生活の中で、

 

年に一度でも、三年に一度でも、大事な時、必要とされる。

 

いつも必要じゃなくていい、たまに必要。

 

私たちはそのスペースにいたいです。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

昔からあるものを、自分のものにしていく。

裄があってないと、誰かの古いもののお下がり、という風に見られる。 自分用に仕立てたものではないから、裄が合わない。 また袖丈もバランスが悪い。それも自分用に仕立ててないのだから仕方ない。 理想は、自分 …

竹取食堂 休庵の看板をつくる。

こんばんは。月がキレイです。   夜のそらがきもちいい。電気を消してただ眺めてるだけできもちいい。   ジメジメを感じてきたから除湿剤を買ってきました。   押入れに入れ …

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

三勝の浴衣展

6月22日まで三勝のゆかた展開催中です。 錦鯉のような浴衣や藍地の浴衣、色々届いております。 大事に永く10年は着ていただきたい浴衣です。

no image

営業についてのお知らせ

いつもtawarayaをご利用いただき誠にありがとうございます。 毎月16日から月末まで名山町レトロフトにて営業しておりましたが、 これからは、ご予約の方の接客を優先にさせていただき 店舗営業は企画展 …




最近のコメント

アーカイブ