tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

頭にあることはあまりかわらない。

投稿日:2018年1月21日 更新日:

 

昨年の中盤、たしか病んでました。

 

そんな時に書いた文章は、「これ、ほんとに自分が書いたの??」と

 

疑うことが多く、驚かされます。

 

そんな文章の一つです。↓

 

真っ暗闇では、ほんの小さな光でも、明るく、頼もしく感じるものです。

 

私の仕事はなんでしょうか。

 

それをいつも考えながら仕事をしています。

 

仕事がないときも考えています。

 

誰かの役に立ちたい。

 

底辺の部分にあるのは、それだけ。

 

必要とされなければ消えてなくなるだけ。

 

こちらが声をあげて

 

気付いてもらうように働きかけることは

 

今の世の中ではうるさい気がしてしまう。

 

無駄なものの中に豊かさや幸福がある。

 

合理的の延長にはロボットと同じ暮らししかありません。

 

不必要なところに注げる熱いものが、人間らしくて、その人らしさ。

 

誰にでもわかってしまうような価値なんて、くだらない。

 

自分だけの価値を胸に、堂々とすればいい。

 

その姿勢は、人に力を与える。

 

タダ働きは嫌です。対価に見合った働き方をしたい。

 

着物のこと全般、ご相談ください。

 

と、ありふれた言葉になってしまいます。

 

着物の相談事は、ただのモノとしては考えにくいのです。

 

人の思い、が形になっていることが多いです。

 

誰かのお祝い、結婚、出産、成人、洒落着と礼装、人との関係性など。

 


 

ひどい。。。けど、なんか良い。

 

最近は回復したのでしょう。

 

よかった、自分。

 

そして、最近書こうとしていた文章。↓

 

——————————————————————————————-

 

真っ暗だと、

 

ほんの小さな灯りでも、

 

明るく感じる。

 

だんだん目が慣れていって、その暗さが当たり前になっていく。

 

もうなんでもかんでも光を当てすぎよ。

 

 

なんで闇にまで光を当てるのよ。

 

暗いところがあるから、光の輝きが増すのに。

 

また自分で光り過ぎよ。

 

自分でガンガンに光るもんだから、

 

もう眩しくて見てらんない。

 

 

見て!見て!って光ると、

 

光ってるように見せてると、

 

見たくなくなるのよ。

 

すぐ気づくくらい光ってるから、たくさんの人が見てるはずよ。

 

だから私は見る必要ないはずよ。

 

なので、見ないで〜見ないで〜って

 

している人を、見たい。

 

なかなか見れませんけど。

 

なんでも簡単にしすぎだし、わかりやすくしすぎ。

 


 

おねえ言葉になってる。。。回復してるのかしら。。

 

f:id:ayarawat:20180111093800j:plain

 

 (振袖の着付け練習に付き合った時の貴重な写真です。2018.1.5ごろ)





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

8月の企画展

8月の企画展のお知らせです。今月は菱屋の草履オーダーと久留米絣展です。 菱屋カレンブロッソさんの200足以上の鼻緒と20種類以上の台が届きます。ひとつひとつ選んで造るオリジナルの草履はとってもは着心地 …

no image

織りの人、染めの人。

  織りの着物が似合う人、います。   染めの着物が似合う人、います。   織りの着物と染めの着物、どちらも似合う人、います。   織りの着物より、染めの着物を …

no image

着物屋は今も未来もブルーオーシャン。

着物屋になるときの決め手が何個かあったのですが、 「父からの”着物屋って簡単だよ”という洗脳」も   決め手のうちの一つで、そのほかにもいろいろあって、   そのうちの一つが &n …

これからのtawaraya

通常営業をやめてどうやってお店を営業するの? tawaraya名山は無くなるの? お話するのが楽しみだったのに残念だわ。 ご心配してくださる方からいろんなお声いただいております。 こんな小さなお店を気 …

ママ振袖

お母様が成人式でお召しになった振袖を着る最近では「ママ振袖」とも言われるそうです。もしお母様のものがあるのでしたら断然ママ振袖をお勧めしています。私も祖父母が母のために作ってくれた振袖を譲り受けて成人 …




最近のコメント

アーカイブ