麻を洗う。

 

古い麻の着物をいただいた。

 

生地を愛する人からいただくものは、

古いけど、古いから、質が良いものが多い。

この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。

 

触って、羽織ってみて、いい麻で。

 

これは涼しいだろうなと直感。

 

古いものだから、丈もぴったりではないし、普段着だし、自分で洗ってみようと。

 

ドボンと水につけてひととき。

 

軽く押し洗いして、軽く水を切って、そのままベランダで陰干し。

 

天気が良いときだったからすぐ乾く。

 

ハリがあって、やはり羽織ってみて涼しい。

 

今の麻とは違うような気がする。

 

こんな素敵なものを着て昔の人は暮らしてたんかいっ。

 

暮らしは、時代が進むにつれて上辺だけになっていき、

人の手が介在しなくてもいい世界がどんどん成立していって、

用途だけ備えた無機質な製品が生まれるけど、

 

シンプルに、人の手で生み出すことに真剣に取り組み、

昔のものから学び、試行錯誤して技を磨いて一つずつ生まれる製品もあって。

 

どちらが嘘か選べばいい。

 

君はどちらをゆく。

 

僕は真ん中をゆく。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました