「血」で飛ぶ。

日々思うこと

 

ジブリの「魔女の宅急便」がまぁ好きで、

 

金曜ロードショーで放送あるなら間違いなく見るのですが。

 

飲み会とか全ての予定を断って見るのですが。

 

冒頭のほうだったかな。

 

「血」で飛ぶの、

 

ってセリフが好きでして。

 

 

父や母の血を引き継いだわたしがおるのですが。

 

 

海外とかに興味を持った両親ではなくて。

 

 

でも、父の母(わたしのばあちゃん)は、ペルーで小さなホテルを営んでいたそうで。

 

 

海外でビジネスしとるじゃん!

 

と、羨ましく思うのです。

 

 

 

海外でビジネス。

 

いつか叶えたいことであります。

 

 

大きくなくていい。

 

1円でも対価をもらえればいいんですけど、商ってみたい。

 

 

たぶんわたしにもばあちゃんの血がわずかに流れており、

 

世界が気になるのだと思います。

 

 

 

余談ですが、

 

父の母は、父が物心つく前に離婚してペルーに行ったみたいで、

 

もちろんわたしは一度も会えませんでした。

 

 

父も別れて以来会ってないですから。全く記憶がないから、

 

悲しいという感情すら無いそうです。それならいいのかなと。

 

 

父の父(わたしのじいちゃん)は、

 

今のわたしと同じ年(38か39)で亡くなっておりまして。

 

 

わたしが生まれる前に亡くなってるんですね。

 

画家になりたかった医者だったそうです。

 

なんだそれ、カッコいい。

 

 

羨ましいぞ、全く会えなかったじいちゃんばあちゃん!

 

 

 

父は、小さい頃に両親いない環境だったわけですね。

 

あ、この話はまたの機会に。

 

 

というわけでひろしのファミリーヒストリーでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました