合理化と無駄との間で

こんにちは。ヒロシです。

写真は「2021年1月末に車に積もった雪を降ろすヒロシ」です。

41歳にして初めて雪かきしました。道路も車も雪かき。

車の上に30cm弱は積もってた気がします。ちゃんと車の上の雪を降ろさないと凍ってしまうらしくて、凍ったまま雪かきすると車に傷が付くそうで。。

雪国の大変さをね。最初は楽しかったんですけど、5分くらいで大変だなと、なるべく雪、降らないでって思いましたね。

ここで働いてる人たちはみんなスノータイヤなので、簡単に車を走らせるんですけど、わたしはノーマルタイヤなので全然前に動かなくて。前輪と後輪の周りを何度も雪かきしてもタイヤがスリップし続けて

「あぁ。。スノータイヤって定住したら必須っ。。」と痛感しました。

そして、昨日久美浜の町中を散歩してると目についたのが「各お家のガレージ脇に4本タイヤを置いてある」光景でした。スノータイヤとノーマルタイヤを持ってて、時期がきたら交換するんだろうなぁと。今、置いてあるタイヤはノーマルなんだろね。鹿児島では見かけないかなと。

しかし、だんだんとモノを持たなくていい社会が進んで行くなぁと感じます。

家は賃貸が気が楽だし、車も所有せずに月額制とか早くなって欲しい。車なしで電車やバスで成立する生活スタイルが良さそうだなとか。

無印良品は家具のレンタルサービスを始めたようですし、

無印良品が家具の月額レンタルサービス、ベッドや机など定額料金で利用可能に _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
 良品計画は1月15日から、「無印良品」の国内182店舗でベッドや机、椅子、収納用品など家具の月額レンタルサービスを始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務やリモート授業が増える中、毎月定額の手頃な料金で家具を利用できるようにする。 _ 無印良品が家具の月額レンタルサービス、ベッドや机など定額料金で利用可能に _...

見たい映画とかテレビじゃなくてネットで見ちゃうし、テレビは2018年に一度家を無くしてからは買ってないしなぁ。

不定期に住む家にたまたまテレビがあれば見るくらいで問題なく過ごせます。

わたしたちも定住する生活でなく、どこかに数ヶ月滞在するような生活ですと、なるべく移動させるモノも減らしたいから、「これは必要か?代用できるモノはないか?常時、持っておく必要があるか?」を移動のたび考えさせられてます。

 

でも「捨てたくない!」という気持ちがあるので、下着や洋服をパンパン捨てられない。売れるものはメルカリで売りますけどね。できれば冬のダウンジャケットとか重たいし、かさばるので売りたい!でも寒いとこで過ごすには必須ですから。本当は、寒い時期だけレンタルでいいのかもしれませんけど。

冬用のブーツは暖かそうだからワークマンで購入したんですけど、買ってよかった!寒くて雪のふる地域では必須!!でも鹿児島へ持って帰るのは不要っぽい。でも捨てられない。。次の冬にも使えるもんなぁ。。と、意外とモノがあることに「う〜ん、もっと手放したい。。」と欲望が湧いてくるんですね〜

寒い家を暖かく過ごせるようにDIYして断熱効果を高めているんですけど、寒い時期にその家に住まない選択をすれば断熱DIYは必要ないかな、とか。

どうにも社会が合理的に進むほど「もっと合理化できないか」と無駄を省く方向へ行ってしまいます。するとその反動の気持ちも出てきて「無駄が人間らしさがあっておもしろいんじゃないか〜」と矛盾していくんです。

わたしたちの生活の中で無駄なもの、それは「器」です。

薩摩焼、有田、伊万里、伊賀焼、瀬戸、常滑、いろんな地域で器を買って楽しんでました。作家ものの器も「めっちゃ良い!!」と言って買ってました。

今、陶器の湯呑が10個以上あります。。2人で暮らしててほとんどお客さんも来ないのに10個以上。。ほかにも同じくらいのサイズのお皿もたくさんあったり、逆に「どんぶりがない。。でも気に入ったものがないと買いたくない。」と言って、まったく計画的に器が揃っておりません。

出稼ぎ先にも陶器の器は持って行きません。重たいし。割れると凹むし。出稼ぎ先では借り物の器で暮らしてもまったく問題ないし。逆にまた出稼ぎ先で窯元とかあったら寄って買って帰ったりして、結局また無駄な器が増えることあるし。

器は、趣味っ!」と、割り切ってますけどね。

無条件に好きなんだもーん。でもいつか手放すかもなぁとも思ってます。

こんな合理的に生きたいとロボットみたくなりたそうにしながら、ちゃんと無駄な部分も持ってる自分でよかった〜と安堵してます。人間っぽくてよかった。だから器に関するお仕事ができたら幸せなのかも、と思ったりもしたけど。作るのは根気ないし売るのは仕入れとか楽しいけど店をするのは向いてないかなとか。

器を売る仕事はできなさそう。趣味は趣味のままで。

本当はお客さんにとっては着物も趣味だよね。趣味は趣味のままで。楽しめたらいい。欲しい人はどんどん買ったらいい。そう思いますね。これなんの話??

コメント

タイトルとURLをコピーしました