tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

ものに溢れた現代に生きるわたしたちは豊かではない

投稿日:2017年5月9日 更新日:

 

これは使っててもいずれ捨ててしまうだろうな。

 

そう思いはじめたら、買わなくなってしまった。

 

そんなものに溢れた現代に生きるわたしたちは、豊かではないんだ。

 

もの売りを生業としておきながら、そんな不買状態が続いた。

 

致命的だと思った。もうこれだけものに溢れかえっていたら

 

わたしたちが売る必要は全くない。無駄なことをしているだけだ。

 

こんな状態になると店で商品が売れなくなる。

 

スランプみたいな状態で、お店が開けられなくなる。ほとんど店は開けなくなった。

 

お客様のお役に立つにはどうしたらいいんだろう。

 

お客様に喜ばれることで、自分の能力が生かせる仕事がしたい。

 

相変わらずワガママだ。

 

昨年の秋から冬にかけて、身体を壊したのと同時にこんな精神状態でした。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

着物の好みも細部まで様々で言いたい放題。

テレビ欄の「着物の〜」が目に留まってチャンネルを変える。 NHKで「もう一度着物にチャレンジ!」って番組。 タンスの肥やしになるより、着ましょうよ!という感じだったかな。 二部式の帯や二部式の着物、半 …

分業が生むメリット

この間、効率化とか分業の話をしましたが。。。   今年の1月、着物業界では世間を騒がせた問題がありましたね。   はれのひ、ハレノヒ?問題。   多くの新成人の方々が、振 …

着物で家事

リオオリンピックの閉会式でみた 東京プレゼンテーションが本当にかっこ良くて 何度も見返してしまいます。 2020年なんて数字を見ると未来的におもっていたけどもうすぐなんですね。 日本人を改めて意識する …

さぁ、小売業どうしよ。

  美山窯元祭りも無事に終了しまして、皆様ありがとうございました。   今年から弟のごはん処がメインになりまして、テイクアウトできるようにして   竹林の中で食べてもらえ …

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …




最近のコメント

アーカイブ