tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

着物は1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

投稿日:2017年6月20日 更新日:

 

年間とおして、着物のお仕事だけで

生きていけたら幸せなんだろうか??

 

着物は、1年をとおして同じ形でつくられる衣料品。

細部を季節や格で変えたりするけれど。

 

だから、素材が変わる。

夏の着物は、もちろん冬と同じ形。

 

だけど、素材が変わる。

夏ならではの「透け感」が重要になる。

 

夏は、「麻、透ける正絹、汗を吸いとる綿(浴衣)」

サラッとしている肌触り

爽やかな真っ白の帯や襦袢

風を通す紗や絽の生地

 

いつでもなんでも手に入る便利な環境が

暮らしを麻痺させていくから

 

その季節のものを楽しみたい。

 

植物も、枇杷も、蓮が咲いたりとか

 

鮮やかなアロハシャツは、どこでも手に入るんだろうけど

 

あれは沖縄の太陽の光、南国の夏の光だから良くて

 

関東、北の太陽の光では鮮やかすぎて目が痛い、

 

地域や環境に合った、鹿児島ならではのものを提案したいです。





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

文章力をつけるために

〇〇だより、を定期的に出そうと決めました。 自分の文章力の無さに嫌になりますが、 習字のように書いてれば見れたものになるんじゃないかと苦手なものにチャレンジです。 若い頃は、女の子と喋れなくて彼女が出 …

no image

2020GW

こんばんは。ひろしです。   さて、GWが静かに過ぎていきます。   コロナウイルス感染者も落ち着いてきたのかな。   落ち着いてないのかな。いろんな人たちの情報が飛び交 …

no image

新郎の着物を一式誂えた話。

先月ご結婚された新郎新婦様。 新郎がお召しになっている着物は 半年の時間をかけてやっと出来上がってきたものです。 こちらの新郎はaweworksさん。 鹿児島でご活躍されている木工の作家さんです。 h …

あけました!

またまたご無沙汰いたしております。   今日も寒いですね。 お元気でお過ごしでしょうか。 2018年、すっかりあけましたね。 ご挨拶が遅くなりました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 …

no image

光風の茶会のお知らせ

2月11日、日曜日のご予定はありますか。 毎年沈壽官陶苑さんにて梅見の時期に開催される「光風の茶会」が今年も開催されます。友の会限定でお知らせが届くお茶席のご予約はもう終わってしまいましたが、当日でも …




最近のコメント

アーカイブ