ひと息ついてもいいのかな、師走。

着物のこと

f:id:ayarawat:20171216215951j:plain

 

企画展を終えて、

 

大々的に企画をうつことが合わない気がしてきたもので、

 

誰か一人の「ほしい」に応える形で企画をうちました。

 

大勢に知らせるわけでなく、なるべく小さく、

 

でも売上は欲しいのですが、

 

それよりも、ただ、見に来てくださる方がいて嬉しい。

 

(もちろん買っていただくのが最も嬉しい。)

 

また、企画展前から少しずつ、お客様のお宅に伺わせていただくことが

 

増えてほんとありがたい。

 

これは師走の力か。と、力不足の自分は思う。

 

年の終わりまでに、きりのいいとこまで。

 

ちょうどいいところまで。

 

来年になる前に済ませておきたい。

 

みんな思うのか、私も今年中に済ませたいことがパラパラと残ってる。

 

終わらせたい、あと半月。

 

でも、年を跨がせることが嬉しかったりもする。

 

来年も生きていいんですね、神様仏様。と合格の印をもらえたような。

 

今年で終わらなくていいんだ、私の道は。と、GOサインもらえた気分になります。

 

お客様ご家族みんなに着物を着せたり、

 

振袖のデザイン考えたり、

 

初詣に行く若者たちに初めての着物を着せたり。

 

大学生落語会に出張着物レンタルも入ってる。

 

1月2月は生きて良さそうです。あ、3月も前半までは良さそう。

 

午前中、鹿児島中央駅前の渋滞にかかり、師走の人の動きを見てて。

 

クリスマスとか興味ないけど、

もうすぐセールが始まるよ〜

とか興味ないけど、

 

人がイソイソと動いてるだけで、町の豊かさを感じて。

 

自分もその中のパーツなんだけど、どんどん俯瞰していって

 

最終的に「世の中っていいですね〜、」ってわけのわからないところにいっちゃう。

 

町で人が動いているのを見ると、まぁ幸せです。見てるだけで。

 

冷たい空気とかが尚更、人の温もりとかを際立たせてくれるんですかね。

 

世の中って、人のいる世の中って、素晴らしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました