tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

さぁ、小売業どうしよ。

投稿日:2016年11月13日 更新日:

f:id:ayarawat:20161113233657j:image

 

美山窯元祭りも無事に終了しまして、皆様ありがとうございました。

 

今年から弟のごはん処がメインになりまして、テイクアウトできるようにして

 

竹林の中で食べてもらえるスペースを用意しました。

 

ギックリ腰で動けなかったけど、も少し動けたらもちょっと空間作りたかった。

 

やっぱりごはんは喜んでもらえるんだなぁと感じましたね。

 

雑貨よりはごはんの方が売れると思ってたから

 

案の定、雑貨の倍以上売上はあったようで。

 

つくづくモノ売りが必要なくなっていってるのを感じるのです。

 

今では欲しいモノが全く無くて、欲しいモノを探すことがむずかしいのです。

 

もし欲しいモノがあったらネットで探すし、ネットが安いし、

 

電化製品とかヤマダ電機みたいなとこ行って実物見てから

 

ネットで安いとこ探して買うんだろうし。kakaku.comとか見るし。

 

どこでも買えるものを仕入れて売ることは、自分のような小さな小売業は

 

もう食ってけないんだなと感じるわけです。

 

自分でモノづくりをする人たちはいいなぁと思うわけです。カッコイイんです。

 

ですので、モノ売りを卒業するか、どんな関わり方をしていくのか、

 

常に考えているのですが、今年6月頃から月の半分は店舗営業しない方向を

 

取り始めました。自由に動けるように。店舗常駐に縛られないように。

 

この選択が今の所、自分たちにとっては良かった。

 

このことはまた文章にできたら記しましょ。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

国際交流と着物。

  着物を扱うだけで。国際交流できる。   成人式の4日後には鹿児島国際大学へ出張で着付けへ行ってきました。   最近着付けばかりしています。   着物を買う、 …

7月のポエム

  お客様向けのDMに、最近はひろしポエムを乗せて届けるようになりました。     私の着物に関することとかが伝わればいいなと思ったり、   季節ならではの着物 …

もう99%くらいのモノが必要ないんじゃないか

あけましておめでとうございます。   2017年になりました。   平成29年と聞くと、30年が来年か、「結構経ったな平成」と感じました。   28年のときは何も感じなか …

ちんがら市

今朝から「ちんがら市」始まりました。お知らせも前日だったので、ゆっくり構えていたら 営業開始と同時にお客様が来てくださってありがたい幕開け。 紙袋を忘れてしまったり、値段付けがまだだったり、準備不足で …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …




最近のコメント

アーカイブ