tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

投稿日:

f:id:ayarawat:20171020093834j:plain

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。

 

自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。

 

淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。

 

肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれからの出番。

 

白と紺の2色。

 

心が踊る衣服を買っていると、

 

着ていない時間、も重要になる。

 

冬服は、春夏がくるとケースの中に眠らせる。

 

あれだけ心弾んで買って着ていたのに、春夏には冬服のことを忘れてる。

 

そして、冬が近づくと

 

ケースから目を覚まさせる。

 

忘れてたもんだから、また心が踊る。

そういえばこんないい服を着てたな〜って。

 

そして今年の冬もまた心が弾む服をまとって外へ出かけるんだ。

 

もちろん、春夏に楽しんだ衣服はまたケースに仕込んだ。

 

来年の春夏も踊らせてくれるのだ。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ほんとに必要なモノは誰でもネットで探せる時代

  鍼灸院通いのためか、身体が重くだるい日が続いている。   もう2ヶ月ほど働いていないんじゃないかと思っている。   こないだの美山窯元祭りが4日間あって、ギックリ腰の …

ありがとうございました。

美山での営業を終え、0202のかんざしとオーダー草履展無事に終了いたしました。 熊本にいる間に、夫がお知らせDMを出してくれたので ちゃんと皆さんに届いているのか心配していましたら、 オープンしてすぐ …

no image

麻を洗う。

  古い麻の着物をいただいた。   生地を愛する人からいただくものは、 古いけど、古いから、質が良いものが多い。 この着物が男性用だったから、わたしのもとへ。   触って …

花菱小紋展

5月の企画展は花菱小紋展。品のいい地紋のある白生地を一度薄い色で染めて、その生地に花菱柄を型染めした江戸小紋。光沢もあって楚々として主張しすぎずちょうどいい。とても万能なので私は袷と単衣と一着ずつ。夫 …

遅れをとった

  出遅れてしまった。   方向転換をスムーズにできるように整えておくべきだった。   遅れ分を取りもどす。




最近のコメント

アーカイブ