tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

こころがおどるものを仕込んでいれば、不意打ちで喜びに触れられていい。

投稿日:

f:id:ayarawat:20171020093834j:plain

いつのまにかもう長袖があたりまえになってる。

 

自分と向き合ってるあいだに冬へ向けてのもう秋だ。

 

淡い水色のシャツはとうに仕舞い込んだらしい。

 

肌触りのここちよい綿の長袖カットソーがこれからの出番。

 

白と紺の2色。

 

心が踊る衣服を買っていると、

 

着ていない時間、も重要になる。

 

冬服は、春夏がくるとケースの中に眠らせる。

 

あれだけ心弾んで買って着ていたのに、春夏には冬服のことを忘れてる。

 

そして、冬が近づくと

 

ケースから目を覚まさせる。

 

忘れてたもんだから、また心が踊る。

そういえばこんないい服を着てたな〜って。

 

そして今年の冬もまた心が弾む服をまとって外へ出かけるんだ。

 

もちろん、春夏に楽しんだ衣服はまたケースに仕込んだ。

 

来年の春夏も踊らせてくれるのだ。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

satsuma the party

第一回 satsuma tea party おかげさまで75名の方々にお茶を飲んで頂き大盛況のうちに終了致しました。 ご来場くださったたくさんのみなさま本当にありがとうございました。 計画から準備まで …

no image

ないことで、あることに感謝する。

ない環境だから、 あることにありがたみを感じる。 ないことで、 あることに、 あったことに気づき、感謝できる。 あると、 当たり前にあると、 あることの感謝を忘れる。忘れがち。 埋め尽くされるほどある …

no image

着物で披露宴へ

大切な友人の結婚式出席のため本日お休み。皆に愛されている二人らしいあったかい披露宴でした。美山にあたらしい仲間ができます。どうぞご期待ください。 結婚式っていいですね。スピーチを聴きながら初心にも返る …

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

年齢別 浴衣コーディネート

三勝大人の浴衣展のため今週は毎日営業中です。 せっかくこれだけ浴衣が揃っているので tawarayaがオススメする年齢別浴衣コーディネート。 こんな感じで着てもらえたらいいなと遊んでみました。 まずは …




最近のコメント

アーカイブ