tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

今もがいてる人は、たぶん間違ってない。

投稿日:2017年10月25日 更新日:

f:id:ayarawat:20171020092237j:plain

ちょうど一年前にも行ったライブに、今年も行けた。

 

そしてまた思い出した、ちょうど一年前くらいからもがき出したな〜と。

 

種はその前から随分とあって。違和感がよくわからないまま走るしかなかった。

 

振り返ってみることができるようになっただけでプラスだ。

 

止まることが怖かったのだ。

 

勝手に抱えまくって、走りまくって、次にどこへ行けばいいかわからなくなって、

 

生き方の見直しを決める。

 

それから約1年かけて、少しずつ抱えてたものを離していって、

 

一度、完全に手ぶらになることを目指した。

 

そして、手ぶらになってから、本当に必要だったものをまた取り戻そうと思った。

 

手放しながら、一番大事で手放せないと思っていたものが

 

手放してみて、景色が変わった。

 

そしたらまたちょっとだけ拾ってみて、

 

遊んでみることもできそうだなと思えたり。

 

ダメな人間だからと責めることがあるが、

 

たぶん、みんなそうだ。

 

みんな平気な顔して、もがいてるはずだ。

 

自分もその一人なだけ。長い時間かけて次への準備。

 

もうちょっとどうにかなったら、今よりいいとこに行ける。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これから先に蒔く

  今の自分たちがなんとか生きていけているのは 過去の自分たちがそれなりに頑張ったんだろうなと、ふと思う。   じゃあ今の自分たちは、今をどう生きるか、 過去の自分たちに感謝しなが …

ママ振袖

お母様が成人式でお召しになった振袖を着る最近では「ママ振袖」とも言われるそうです。もしお母様のものがあるのでしたら断然ママ振袖をお勧めしています。私も祖父母が母のために作ってくれた振袖を譲り受けて成人 …

あきない飽きない商い

続いていることが賞賛や信頼に繋がる。   続くことに意味もあるんだろうけど、   続けようと思って今の仕事に取り組むのか、   取り組んでいたらいつの間にか永く続いていた …

no image

着物屋をかぶっていた

これまた2016年の11月ごろ下書きに残ってた記事。 ちゃんと出せるように見直して、出してみました。 昔っから、着物屋のイメージがよくなくて。   押し売りするだとか、買うまで帰さないよっ!とか。   …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …




最近のコメント

アーカイブ