tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

ネットで買える商品は扱わない

投稿日:2016年11月15日 更新日:

今後も呉服小売業を続けますが、

 

することしないことをもっと決めていこうと思ってます。

 

まず、ネットで買える商品は扱わないようにしよう。

 

大抵、価格の低い木綿等の普段着物になりますが、扱いが減るかと思います。

 

今までふだん着物の店としてスタートしてきたから心苦しいのですが

 

これからは「ネットが安いですよ!」と、どんどん紹介していこうと

 

思っています。相談はいつでも大歓迎でお受けいたします。メールしてね。

 

ネットが安いもんで、お客さんは私たちにもその価格を求めてきます。

 

そりゃそうだ。なるべく安く購入したい。

 

しかし、ネット販売は、基本薄利多売。

 

商品一つ当たりの利益率は低く設定してある。

 

また、

・ メーカー ⇨ 問屋 ⇨ 小売 ⇨ 消費者

の流通形態が、

 

 ・メーカー ⇨ 消費者

 ・メーカー ⇨ 問屋 ⇨ 消費者

の現代です。

 

私たちは価格を言われたら勝ち目ありません。

 

作り手と消費者を直接結ぶような動きはだいぶ前からある。

 

消費者はできるだけ価格を抑えて手に入る環境が整ってる。

 

この流れに異論とか唱えない。そりゃそうだと思ってる。

 

自然な流れと思ってる。いろんな分野で進んでる。

 

当たり前ですが、勝てるところで商売します。

 

もしくは勝たなくても生きていけるスタイルになります。

 





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

装飾を施す行為が「デザイン」なんですけど。

  昨日のデザインのお話を振り返って。 https://ayarawat.com/2018/05/05/001/   デザインしたものを言葉で表現することは、余計なことだと思ってる …

わたしが着たい着物割烹着

本日よりオンラインショップにて 「私が着たいキモノ割烹着」販売いたします。 初回の割烹着よりも袖口広げたり、襟ぐりを下げたり 改善して着心地にもこだわりました。 野暮ったくなりがちなリボンは細く長め。 …

ものに溢れた現代に生きるわたしたちは豊かではない

  これは使っててもいずれ捨ててしまうだろうな。   そう思いはじめたら、買わなくなってしまった。   そんなものに溢れた現代に生きるわたしたちは、豊かではないんだ。 & …

卒業式の服装問題

三月は卒業シーズン。入学式も控えているので、着物の着用も増えます。   着物に関わらず、卒業式や入学式の服装って難しいなぁと思います。   そのときしか着られない服装が多いような気 …

私が着たい着物割烹着

白い割烹着を着ると「日本のお母さん」という感じだったり、 フリーサイズのぶかっとした感じが好みじゃなかったり。 手作りしてみたのですがやっぱり素人品で着心地が・・・。 ということで 私が着たいキモノ割 …




最近のコメント

アーカイブ