tawaraya

着物を販売しない着物屋です。

着物のこと

考えが偏りすぎると、うまく進まない

投稿日:2017年3月5日 更新日:

ここ最近は資本主義社会が壊れることばかりに焦点がいってた。

 

ショベルカーを製造した会社は、ショベルカーを販売しないと回らない。

 

ショベルカーを購入した会社は、ショベルカーを稼働させなきゃ回らない。

 

ショベルカーはどんどん山を切り開き、道路や更地をつくっていく。

 

空き家は増え続けるのに、新築向けの宅地も増えていく。

 

とにかくショベルカーを稼働させ、山を崩し、宅地にしなきゃ回らない。

 

必要以上にモノが溢れても、モノを作り続け販売しつづけないと回らない世の中。

 

自国での需要が減ってくると、作るのは減らさず、世界に販売していこうとする。

 

そんなシステムはいつか限界がくると思うのが普通じゃないのか〜。

 

日本は成熟社会で、人口減少社会で、少子高齢化な国。

 

お金持ちな老人の国。経済は上がっていく国じゃない。

 

そんな中増えていく「モノを買うってかっこ悪いよね」な人たち。

 

もういろいろと破綻しちゃうでしょ、と思ってしまう。

 

 けど、そんな考えに固執するのも面白くない。

 

バランス取ろ〜バランス。

 

f:id:ayarawat:20170303120606j:plain





-着物のこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

いつからか腫れ物に触れるように繊細になってしまったのでは。

  いつからか着物は、繊細に扱わないといけないものになってしまって、 それで、人が触れることも遠い日常になってしまっていったのではないか。

まっすぐ生きられない。

  誰かに心配をかけたくない。   でも心配っていうのは、人が勝手にすることで。   心配の種類も様々だが、その人の予測からはみ出したとき「心配」が発生する場合を考える。 …

誰かが眠らせてしまった反物は、ちゃんと起こしてあげる。

  (↑…小裂を付けて、この色に近づけて下さいと染め屋に反物を送り仕上がったもの。)   着物屋は、こんなお仕事もあります。   それは「お客様のお宅に眠って …

小さく小売業を続けるにあたって

  本当は着物が売りたい!   色々考えてしまって売れなくなってしまっている。   小売業が辛くなってしまって、ただいま放棄している。   いろいろと着物に関す …

朝日新聞掲載いただきました。

もう先々月になりましたが、10/27付の朝日新聞の「」欄に掲載していただきました。   ちょうど窯元祭りの前に美山のことをPRして頂けるというお話があり、   また記者さんの「竹林 …




最近のコメント

アーカイブ